読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のライフログ

趣味と興味と消費を記録します。読んで下さった方が何かの参考にできたらいいな。

Sony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621 購入 @ EXPANSYS

f:id:montesma:20160526015352j:image

2016年03月24日(木) 23時17分の事です。

私は、EXPANSYSにて「Sony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621」を注文しました。
そして、2016年04月01日(金)に香港から発送されたSGP621を手にしました。
 
使用開始から2ヶ月弱経過しましたが、買って大正解でした。
現在、帰宅途中の電車内にて、SGP621にて当該記事を作成しております。
 

背景

2012年頃購入したnexus7(2012)以来のタブレットです。
nexus7(2012)はwifiモデルを購入氏、当時モバイルルーターWiMAX)も使用して運用していました。
 
しかしながら、
 
  1. 本体が割と重い(カバーを装着すると尚更重い)
  2. 動作がモッサリ
  3. 解像度が低く、画面が見やすくない
  4. WiMAXモバイルルーターのバッテリーが1日持たない
  5. モバイルルーター忘れるとネットに繋がらない
  6. モバイルルーターを持ち歩くのが怠い
  7. 外部SDが使えない
  8. 満員電車で取り出せない
と感じていた私は、結局使わなくなってしまいました。
片手で使えないし、5インチ程度のスマホでいいや~、言った感じです。
 
ただ、なんと申し上げたらいいか、タブレットには謎の魅力があります。
上述の負の要素が解決できたら、またタブレットが欲しいな、と思いつつ日々を過ごしておりました。
 

Xperia Z3 Tablet Compactとの出会い

本機とは、発売直後にヨドバシカメラ店頭にて出会いました。
 
手にした瞬間、本体の薄さ、軽さ、および解像度に感動し、一目惚れしました。
しかし、物欲が沸いたものの、Wifi専用であることから購入を断念しました。
 
タブレット単独でネットに接続できなければ、自室内の休眠端末と化す未来が透けて見えたためです。
 

Simフリーモデルの発見

Xperia Z3 Tabletの発売から結構経ったある日のこと、SIMフリーのグローバルモデルが存在することに気が付きました。
何故、もっと早くに気づかなかったのか謎です。
 
Z3 TabletのSIMフリーモデルならば、負の要素1~7は一気に解決します。
そして、8の問題ついてはどうとでもなります。
 
ただし、
 
・輸入する必要がある
・結構な、お値段(55,000~60,000付近) 
 
である事から、購入を踏み切れずにいました。
しかし、仕事で泡銭(徹夜×2+休日出勤多数)が入り、当時色々ハイになっていた時期に、帰りの電車内で注文しちゃいました。
勢いは重要と考えます。
 

初めてのEXPANSYS

Xperia ZL2のバッテリーや、Xperia Z3のバックパネル等、補修用の少額部品は、eBayにてちょこちょこ輸入しておりますが、高額商品の購入経験はありませんでした。
 
そこで、STFEXPANSYS等グローバルモデルを取り扱ってる業者の捜索および調査を実施。
結果、利用者が多そうなEXPANSYSに決定しました。
 
paypalを使用し購入「チェックアウト」しましたが、拍子抜けするレベルで取引が成立しました。
 
paypalからは即刻「EXPANSYS UK LIMITEDへのお支払いのご連絡」メールが届き、「¥54,100 JPY」が支払われた旨、通知されました。(3/24)
f:id:montesma:20160526022247j:image
そのEXPANSYSから、商品発送のメールを受領(3/29)するまで、EXPANSYSに動きが無く(左記メールがEXPANSYS側から初めて届いたメール)かなりヤキモキしました。
 
発送方法はFEDEXヤマト運輸が選択できます。
私は、ヤマト運輸を選択しました。
FEDEXの発送スケジュールがn日ではなく、n営業日であったため、土日を挟むと到着が遅くなる可能性があったためです。
 
なお、ヤマト運輸より別メールにて「消費税」と思われる請求メールを受領しました。
「関税等 2,400円」とのことでした。
スマートデバイスには関税がかからないはずなので、消費税だと思われます。
 
結局、合計で「56,500円」でした。
Amazonで販売されているSGP621と、比較すると、多少安いです。
注文に関する手続はPaypalのおかげで一瞬なので、EXPANSYSを選択して正解だったと思います。
 

SIM

私はXperia Z3をmineo SIM(docomo)5GBプランにて契約しております。mineoは残念ながら1契約にて複数SIMを使用できないため、新規に検討する必要がありました。

Z3 Tabletについては、メイン回線が存在するため、極力ランニングコストが抑えられるSIMにて契約し、パケット使用量が危ぶまれる場合は、Z3側にテザリング接続して凌ぐ作戦としました。

そして、低価格かつ、回線速度はそこそこのMVNO業者を見当し他結果、

 

  1. FREETEL
  2. So-net(0 SIM)
の二つが候補として残りました。
二社ともに、使用しない月は料金を限りなく少額に抑えることができます。
 
FREETEL料金
f:id:montesma:20160528000211j:image
So-net 0 SIM料金
f:id:montesma:20160528000345j:image
 
両社のプランを検討した結果、全く使わない場合、ランニングコストが0円となる0 SIMはとても魅力的でしたが、
 
  • 何だかんだで、テザリングすら面倒くさがってそのまま使いそう
  • Amazon Photosを多用するため、通信料が嵩みそう
であり、3GB弱は定常的に使いそうな気がしたため、3GB間では900円で使用できるFREETELを選択しました。
0 SIMの場合、3GB弱使用すると1,600円となるため、少々高いです。
 
なお、2016/5/1~2016/5/28現在で1.50GB通信しているため、今月の料金は499円となる想定です。
 
2016/04/01~2016/05/01は意識して使用料を抑えた結果、302MBだったため、499円でした。
4月については、0 SIMの場合ランニングコストは0円でしたが、テザリングを多用したため、割とイライラしました。
 
まぁ、FREETELで正解だったかな、と思います。
もしくはmineoの500MBプランに二回線目として申し込み、複数回線割引(-50円)適用の月額650円で運用し、メイン回線の余ったパケットを副回線側にチャージする方式も考えましたが、「かったるそう」なので廃案としました。
 
面倒くさいのは、ダメです。
 

ケース

Z3 Tablet Compactの魅力はその薄さ、軽さにあります。
本体にケースを装着するなど、愚の骨頂と考え、全面に保護フィルムのみ貼り、スリップインタイプのスリーブケースにて運用しておりました。
 
「【幡ヶ谷カバン製作所】CLUTCH FIT mini」
このケース、折り畳むことでタブレットスタンドになる上に、かなり高品質です。
質感も良く、大変気に入っておりました。
 
が、しかし。
怠いです。
いちいち取り出すのが怠いです。
いちいち収納するのが怠いです。
出し入れする際、画面をオンオフする行為が怠いです。
また、取り出して裸で使っている間、雑に扱えないため気を使う必要があります。
 
そのため、結局薄さ、軽さのアドバンテージを断腸の思いで捨て去り、SONY純正のカバーを装着しました。
 
結論として、買って大正解でした。
重くなったものの、タブレット自体が元々軽量のため、許容範囲です。
また、カバー自体も持ちやすくなっているため、いい感じです。 
 
何より素晴らしいのは、マグネット式のスイッチにより、カバーを閉じれば画面が消え、開ければ点灯する機能です。
感動的に使いやすいです。
 
また、
  1. 自室で布団の上にポイッと放り投げる
  2. 机の上等に無造作に置く
  3. バッグの中にそのまま収納する
が可能となったため、扱いに気を使う必要がなくなりました。
 
普段持ち歩く際も、カバー装着状態でカーゴパンツのサイドポケットに入るため、いつでも使えます。
最高です。
 
Xperia Z3 TabletCompactスタンド機能付カバーBK
f:id:montesma:20160528102843j:image
f:id:montesma:20160528102903j:image
f:id:montesma:20160528102920j:image
 
ソニー Xperia Z3 TabletCompactスタンド機能付カバーBK

ソニー Xperia Z3 TabletCompactスタンド機能付カバーBK